私は出版経験が2回あります。
1冊目は総和社から、2冊目はベストセラーズからで
どちらも出版社からの企画で出したものです。

そういう機会が無い人が、それでも本を出したい場合に
自費出版という形もありますが、これはお金がかかり
リターンの可能性が確実ということではありませんし、
特に最近は自費出版詐欺もありますので注意が必要です。

さて、もう1つの出版方法としては
Amazon Kindleでの出版という方法があります。

Amazon Kindleは電子書籍という形での出版で
専用の端末で呼んだり、PCやスマホのアプリで
見ることができる電子書籍を指します。

書くことも自由、発売も自由ですので
ハードルが低く、Amazonという大きな市場で
出版をすることができるので誰にでもできる出版の形です。

通常、一般的な出版をする場合には
自分が書きたいことよりも、出版社が売れると思ったことや
読者が読みたいことを優先する必要があります。

それによって、自分がいちばん書きたいことを書けない
というようなケースも実際にありますが、
Amazon Kindleで出版する場合は、自分が複数の役をこなすことになるので
自由度は非常に高くなります。

・出版社
・編集者
・著者

もちろん、その分だけ自分への責任も大きくなりますが
個人的には今おすすめの出版方法です。

私も経験してますので、次回はその話をお伝えしていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事