事務所にいると、1日4~5回は営業の電話が鳴ります。
昔は一応出ていたのですが、基本的にお客様(会員様/読者様)から私への問い合わせは
メールでとお願いしていますし、Facebookなどもありますから何の不便もありませんし
そもそも「メールが苦手、PCが苦手」という層の人は私のコンテンツを利用しませんから
電話じゃないと無理という人がいないわけですからね。

ところで、今でも電話営業をしてくる会社というのは何が目的なのでしょう?

メールの方がわかりやすいですし、要点をまとめることができます。
電話ではトークスキルも必要ですが、私が対応した限りトークスキルが低い人の方が多いです。
「営業で直接話せない、メールも苦手」だから「電話しているのか?」と思っちゃいますよね。

特に多いのがSEO業者とか宣伝広告系の業者なのですが
そもそも彼らの業種で電話営業をしているなんて本末転倒です。
これが意外と大手のネット系会社からも電話セールスがあるのですから
実は全然プロフェッショナルではないんだろうなと思ってしまうわけですよ。

WEB制作会社にWEB制作のセールスをしてくるなんて話も当たり前に聞きますから
根本的にスキルが全てにおいて低い人が電話セールスをしているのだと思います。

独立して電話番号を晒した途端に毎日のように営業電話がかかってくると思いますが
その営業方法をしている時点で相手にする必要はないと私は思いますよ。

逆に!電話セールスをしている人は別の方法を模索しては如何でしょうか。
そんな無駄な電話をしている時間でSNSを更新してる方がまだマシですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事