突然ですが、私はプロレスのファンで
20年以上新日本プロレスを応援しています。

このプロレスと文章というのは
実は似ているところがあるんですね。

プロレス団体にもよりますが、
大手団体のタイトル戦などを見ると
基本的にプロレスの構成というのは
以下のようになっています。

入場⇒試合開始⇒じっくり組み合う
⇒寝技などで静かに試合が動き始める
⇒打撃やロープワークで人を引き込み始める
⇒得意技を出し始める⇒必殺技を返し合う
⇒必殺技が決まったほうが勝ち
⇒試合後に別の挑戦者が登場して続いていく

簡単に言えば、徐々に盛り上がって行きつつ
最後にバシッと決めた上で、そこから「次回へ」続くわけです。

ライティングに関しても近いところがあって、
冒頭で興味を引くところは入場と同じですし、
序盤はしっかりとじっくりと自分のことを
知ってもらうことが大切です。

そこから自分の知識を出したり相手の悩みを
解決する内容を提供しつつ、読み手が知らないような
良い情報を見せることで信頼を得ます。

そして自分が本当に見せたい物(サービスや商品)を
しっかり見せることに繋げます。

更に次のメールに繋げる場合には
最後の「フリ」が重要になるわけですが、
これもプロレスと同じで「次が見たい!」と
思われるようにすることと近いです。

そして、プロレスの面白いということは
試合パターンが色々あることです。

いきなり必殺技が飛び出すこともあれば、
不透明な決着になることもあります。

反則は4秒までセーフというのも
プロレスの醍醐味です。

私は文章構成に煮詰まった時などは
プロレスを見ながら、その構成を参考に
文章を作ることもあります。

全く関係なく見えることも
実は似ているということはありますので、
頭を常に働かせておくことが重要ですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事