Facebookアプリ簡単作成キット(facebook)

infotopで販売されているこの商品ですが
Facebookの初心者でも簡単に使えるでしょうけど
レンタルサーバーによっては、初心者が躓くポイントが
存在しているので少しお話していきます。

FacebookアプリではHTTPSを使うのですが
SSLの設定をした時に、アドレスが後ろに長くなる
XServerの共有SSLだと設定が少しややこしい印象を持ちました。

例えば当サイトのアドレス(ドメイン)であれば
head-and-hand.net ですが、SSLのアドレスは
head-and-hand-net.ssl-xserver.jpこれになります。

そこで、Facebookアプリ簡単作成キットを使い
Facebookアプリの設定画面で入力する時には

App Dmainsには上記2つのドメインを入れます。

そしてキャンバスURLには アプリをインストールしたアドレスを
入力します(http://ドメイン/フォルダ/)
Secure Canvas URLは(https://ドメイン.ssl-xserver.jp/フォルダ/)

Page Tab URLは(http://ドメイン/フォルダ/)
Sesure Page Tab URLは(https://ドメイン.ssl-xserver.jp/フォルダ/)

という設定にして下のアドレスを自分のIDなどに差し替えて
そこからインストールをする形になります。

http://www.facebook.com/dialog/pagetab?app_id=アプリID&next=http://www.facebook.com/FBページID?v=app_アプリID

成功してしまえばあとはアプリを作って
楽しんでもらいながら、人を集めれますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事