ファンとの交流や新規顧客獲得のために
Facebookページを作りたいと思っている人は
少なくないのではないかと思います。

私も昨年からFacebookページを運営しておりますが
そこで気がついたことをお話していきましょう。

まず、私の場合は馬券家としての自分を
応援してくれている人や書籍の読者様との交流や
更新情報を掲載していくことを目的として作りました。

競馬というジャンル的に、適当なことをしていると
沢山のクレームが来るということからも、
このジャンルでFacebookページを運営している個人は
かなり少ないということもあり、ネット上ではライバルが多いことに反して
Facebook上ではライバルが極端に少なかったのです。

このように、通常のネット上という括りで考えた時に
競合が多いコンテンツジャンルでも、Facebook上になると
『お客様と交流したくない』というスタンスの人や
実名を出したくない(出せない/偽名を使っているなど)人がいることで
大きなシェアを少ない人数で取ることが可能になっています。

これからのビジネスやネットというものは
匿名主義では厳しくなってきてしまいますし
こういう動きが増えることで「やましくないならやるはずだ」という
認識が広まっていきますので、昔のように閉鎖的では難しくなることでしょう。

まずは、信頼度を増すことや誠実さを表現するためにも
Facebookページを開設してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事