0からのスタートだった私は
8年間でブランディングを必死に行うことで
今の自分を確立することに成功しています。

まずは良い商材を作り、同業者に認められること。
これで最初に自分という存在を拡散することができました。

次に素のキャラで顔や声そのものを見せることで
信頼してもらうと同時に覚えてもらうことができました。

更に出版などをすることで、ネット外の世界でも
名前が届くようにし、雑誌連載や他の企業様から
全く自分の本職と違うジャンルでのオファーなどを受けて
様々なところに顔を出しビジネスをするようになりました。

ここまで頑張ると、競馬というジャンルでも馬鹿にされないので
タレントさんやスポーツ選手、芸能系からもオファーがあり
それらのお手伝いをするなどして、信頼感を作ることができました。

また、ミスユニバースの運営に関わるなどして
世界的に知名度があるビジネスの中に名前を置くことで
リアルビジネスの世界でもしっかりとPRできるようになりました。

簡単に書いてしまいましたが、スタートは「堂々をすること」です。

後ろめたいことがある人は顔を出しません。
住所も嘘が多いです(特定商取引法違反)。

でも本気で活動をしている人であれば
何を言われても自分のやりたいことを堂々とやるべきです。

学歴の無い水商売上がりの馬券家が
今では何社にも関わって、各方面に顔を知ってもらえるようになっているわけです。

これは普通の人であれば簡単にできることです。

やるかやらないか。

その違いだけですよ!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事