仮想通貨の取引所、コインチェックが500億円以上を盗まれてしまい
今後どうなるのか?という事件が先日起こりました。

これは最低限のセキュリティすらなかったということも原因ですし
考えてみると金融庁の認可も降りてないという点でもそうですが
広く見てセキュリティが甘々だったということが言えます。
ある意味では利用者もそこまで考えていなかった部分も含めてです。

私の仮想通貨を多くの人に薦められて少しだけ遊んでいましたが
明らかに相場が意図的に動くことや、日本人狙いの匂いを感じたことや
そもそも突然色々な起業家が「実は俺は仮想通貨のプロなんです」と言い始めて
怪しいビジネススクールや商材を売り始めた時点で「無いな」と思って辞めました。

そもそも通貨とするには値動きが大きすぎますし
ビットコイン決済を導入した店舗とかを見ると「流行りに騙さられたなぁ」と、
「誰かに吹き込まれてやっちゃったなぁ」と思いましたからね。

まぁこんな大きなことではなくてもネット関連はセキュリティが重要ですし
北朝鮮などのサイバーテロも当たり前にある時代ですから、
最低限の防御策というのは必要になっている時代ではあります。

ただ、意外と忘れがちなどが自分自身のリアルなセキュリティです。

最近ではオートロックもあれば防犯カメラもありますから
安全にはなりつつあるとは言っても凶悪事件などは起きていますし
ネットセキュリティが十分でも家族や友人を守ることはできません。

私は個人ではhead and handという屋号で、またテイクアップアームズの代表でもありますが
もう1つアームズプロジェクトという会社にも関わっています。
http://arms-project.net

こちらでは例えばサッカースクールの運営に2つ関わっていたりとか
飲食店や美容系などにも関わっているのですが、商品としてあるのが
愛知県県警が発案した緊急噴射装置という防犯グッズです。

店舗や自宅や車にも置ける物で、簡単に言えばカラーボールの水鉄砲バージョンみたいな物で
ニュースなどでも取り上げられたことがありますし、銀行とかでも見かけることがあると思います。

最初にこれを売ることにした時に「確かに自分や家族を守ることっておろそかだよな」と思ったんですね。
多少なりとも体は鍛えていますが、それでも家に刃物を持った人間が押し入った場合とか
事務所に変な人がいきなり襲いかかってきたりした場合に対処できるのか?と。

もちろん緊急噴射装置をかけても気にせずに襲ってくる奴もいるでしょうけれど
多くは逃げ出すでしょうし、そうなれば発見する可能性も大きく上がります。
また緊急噴射装置設置と書いておけば、下見をしっかりしている強盗などは避けるでしょう。

抑止力になるものを持っているかどうか?これもセキュリティの1つですからね。

何でもかんでもパソコンとネットだけで解決できると錯覚している現代への警鐘ではありませんが、自分自身がいるからこそ人生があるわけですから。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事