ネットビジネスは一人でせこせこできると
勘違いをしている人がおられます。

もちろん完全1人で行うこともできますし
当初の私もそういうタイプだったのですが
やはり広がりを作ってくれるのは人間です。

よく質問でいただくことなのですが
『なぜ竹内さんは情報起業家という世間からは怪しい存在なのに、様々な知り合いがいるのですか?』

確かにこれは不思議なことだと思います。

芸能系、スポーツ系、企業家、沢山の知り合いがいます。
なぜ競馬の竹内がモデル事務所にアドバイスをしたりとか
Jリーガーと対談をしているの?なんて自分でも不思議です。

ただ、僕の場合はベースが水商売、接客業ですから
相手が仮に酒乱で暴れている人でも、暴力団の親分でも
普通に会話ができるという武器を持っています。

でも、元々僕は相当な人見知りでした・・・

水商売を始めた最初の数ヶ月なんてものは
相当に無愛想(人見知りなのでそう見える)で
大人たちには相当いじめられていました。

ただ、人見知りって裏を返せば「相手にどう思われるだろう?」と考えている
自分が大好きで傷つきたくないだけの人間が多いんですよね。

そこで僕が切り替えのは「素の自分が相手にどう思われるだろう?」という
好奇心に切り替えることを意識したのです。

取り巻き全員がYESマンである、某団体のフロント企業の会長が相手でも
どんどん突っ込んでいく、それで周りの取り巻きに殴られたら痛いというだけのこと。
減るもんじゃないんだから関係ないや!という気持ちにしたわけです。

結果的に、今でもそれは生きていますから
仲良くなっていただける人が多いですし、目配り気配りをしながら
飲みの席を盛り上げて信頼を得るということも武器になっています。

この武器は『自分が一番かわいい』という思いを捨てれば
誰にだって手に入ることだと思います。

精神的に弱い人が沢山いる時代ですが、
自分を可愛く思わないことで改善した人も実際にいますからね。

どう見られても俺は俺、あなたはあなた、それでいいじゃないですか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事