ステップメールの面白いところは
良い内容を作り、リストが集まれば
放置しておいても自分の代わりに
働いてくれることです。

1通1日で10通作っておけば10日間
1通1日で30通作っておけば30日間

私が書いた最長のステップメールは100通ですが
1日1通であれば100日間自動的に
働いてくれるわけですから、相当な労働力です。

ただ、前にも書きましたが
全て読んでもらおうと思うと・・・
簡単なことではありません。

読み続けてもらうためのコツは

「自分が言いたいことではなく相手が読みたいこと」

ということを書きましたが、
それ以外にも沢山のコツが必要になります。

◇ステップメールのスタートとなる1通目

1通目は当然「自己紹介」から入るわけですが
この自己紹介によっては、1通目で解除されます。

最初に必要なことは「共感」です。

読み手の人は何かに悩んでいたり
何かを知る必要があるからこそ
ステップメールに登録しますよね。

ですから、発行者であるあなたは
元々はその読み手と同じ立場であって、
同じ悩みを持つ人であったことを
しっかり書かないといけません。

それでいて、それを解決した自分も見せつつ
解決した先で何を得たのか?ということを
読み手に知ってもらうことが大切です。

1通目は、それさえ伝えることができれば
2通目を読もうと思ってもらえますし、
ワクワクして翌日を待っていてくれます。

まずは1通目で

『読み手の今』を考えつつ
『自分の過去、今』を知ってもらいつつ
『読み手の未来』を想像してもらう

これを意識して書くようにしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事