ステップメールの2通目で書きたいことに
「問題点を伝える」ということがあります。

ネット社会になった現在の日本では
悩みが簡単に解決することがある反面、
情報量が多すぎて「何が問題なのかわからない」
というような人も多く出てきています。

私のお客様でも

「何がわからないかわからない」

というようなメールが平気で飛んできますが、
これは非常にかなしい問題です・・・

さて、そんなこともありますので

「あなたの問題は何々ですよね?」

「そしてこういう解決策もしたのではないですか?」

「でも解決できませんでしたよね?」

「なら今求めているものはこういうことですよね?」

と教えてあげることが必要になります。

また、問いかけてあげることで、
ステップメールの文章の世界の中に
読者様を巻き込む効果もあります。

一緒に進んでいくことが重要になりますから
これは絶対に覚えておいてください。

どんなに素晴らしいサービスを与えようとしていても、
読んでもらえなければ意味がありません。

そして読み手の人も「欲しいもの」が目の前にあるのに
気がつかないというのはとても悲しいことです。

それを減らすことも書き手の仕事ですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事