以前、ある実験的なことをしました。

それは、自分のコンテンツの有効活用方法を
徹底してメルマガで書いた後、しばらくしてから
セールスサイト風のページを作り、
そこでメルマガで書いたことより少し落ちる
内容を書いて宣伝したのです。

この時、複数買いのメルマガよりも
1回のセールスサイトの方が圧倒的に
反響が大きかったのです。

ただ、新規寄りの読者様が
セールスサイトで動いたという感じなんですね。

これで思ったことなのですが、
メルマガやブログというのは
真剣に呼んでくれる層が偏っているということです。

真面目に読んでくれる方はその価値に気が付きますが、
そうでない人は、情報の価値に気が付きにくいので
わかりやすく教えてあげないといけないということです。

10000円の価値があることを
サラッとメルマガに書いても気が付かない人がいる。

でも、5000円の価値があることを
派手にセールスサイトにまとめると気がついてくれる。

この個人差があるということは覚えておいて損はありません。

5000円の価値が分かる人は、分かりやすく伝えれば
価値を判断できる触覚を持っている人達です。

でも少し鈍感なので、チャンスを逃している人達です。

そんな人達に価値を気が付かせてあげることも
情報を配信する側の人間の仕事であり、役目だと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事