最初の出版をした時に得たことについては
他の記事で書きましたが、実は良くない事もありました。

それは、私が情報商材販売者という立場から始まって
出版するという流れだったから起こったことです。

競馬関連では特にですが、情報商材販売者が
競馬書籍を出すということがまだ無かったために

「情報商材で出せるものを、低価格の書籍で売られては困る」

「自分だけ目立とうとしやがって」

という声が出てきてしまいましたし、
アフィリエイターさん達からも

「商材で出してくれれば売れるのに」

「Amazonのアフィリエイトなんて儲からないからやらないよ」

ということを言われてしまい、少し孤立してしまいました。

でも、それぐらいの反響があるのが出版ということなのでしょう。

チャンスがあればどんどん行動して、
目立つことが生き残りの方法です。

出る杭は打たれると言いますが、
打たれてもまた出て行けばいいだけのことですからね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事