情報起業家と呼ばれる人を2つに分けると

・顔を出している人
・顔を出してない人

この2つに分けることができます。

私は前者で最初から顔を出していますが
面と向かって働く接客業をしていたことや
その頃から顔は出ているので、
抵抗がないということもありました。

ただ、もちろん考えなしでそうしたのではなく
その方が良いと考えての顔出しです。

比較的高額の商品を売るのですから、
実名と顔は出して当然だと思いましたし、
顔もわからない人から物を買うだろうか?
ということは理由の1つです。

もう1つは顔が分かっている方が
メルマガにしてもブログにしても親近感が出ますし、
漫画のキャラクターではないですが、
勝手に顔から声を想像して文章を読んでもらえるので
身近になっていくことができると考えたからです。

顔を出してない人を見ると

「実在している人が販売者ですか?」

と思いますし、それはお客様側なら誰だって
思うことでしょうからデメリットしかありません。

対面できないネットビジネスだからこそ
顔を覚えてもらわないと話しにならないです。

私はFacebookも公開していますが、
どんどん前に出て人の印象に残るべきです。

印象に残らない人は消えていきますからね。

余談ですが・・・

私はyoutubeで音声配信もしていますが、
「顔と声が一致しない」と言われました。

やはり、顔を出していると声を勝手にイメージするので
そういうメールが届いたのでしょう。

ということは、イメージしていただけているわけですから
印象に残っている人間だということです。

ですから、やはり顔写真はしっかり出すべきだと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事