情報商材のセールスページを見ていると
『本気でこれで物を売るつもり?』と
疑問を感じるぐらい汚いサイトを見かけます。

10年前にホームページビルダーで
はじめて制作されたようなレベルです。

こういうサイトでビジネスをしている人は
大体決まってこんな理由をつけることで
自分自身を納得させています。

1:
商材の中身が良いからサイトの見た目は気にならない

2:
サイトの見た目を気にする人には売りたくないね

3:
努力したんだからこれで認められるはず!

はっきり言いますが・・・話になりません。

サイトの見た目が良く商材も良いということも当然ありますし
食事でも服屋でも店舗の見た目は気になりますよね?
人でもそうです、不潔な人と清潔な人と出逢った時に
わざわざ不潔な人に好意を持つ人はごく少数でしょう。

また、努力というのは「自分の中の努力」なんてレベルでは
誰にも伝わることはありません。

他人より努力しているかどうか?でしか評価されません。

ビジネスをするということは大変シビアな世界で戦うということですからね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事