ステップメールを10通で閉めるとなると
大体8~9通目ぐらいがセールスのパートになります。

すると重要になるのが7通目。

これまで書いてきたように

「本題前のフリ」
「次のメールへのフリ」

というように「フリ」が重要になるわけですが、
7通目に関しては、1通丸々がセールスメールへの
フリになるようにして書くことが望ましいです。

そうすることによって、8通目の開封率や
8通目でのリアクション(購入)への
可能性を高めることができるからです。

例えば、7通目で書く内容のパターンとして
以下のような流れがあります。

1◇1~6通目の話のおさらい

2◇ここまで書いたことで解決できないこと

3◇これまで以上の内容が実は存在している

4◇それを知って自分も驚いた(変わった)

5◇次回のメールでそれをシェアする

この流れがベーシックで使いやすく
また心も引き込みやすいです。

ただ、これはあくまでも1~6通目でシェアした
内容が良い場合にのみ効果的ですので、
やはり1つ1つの積み重ねが大切ということです。

この7通目が上手く書けると成約率が違いますので
ぜひ力を入れて取り組んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事