以前書いたこちらの仕事の話
180通のステップメールを書きました

この時に365日のステップメールを組むなら
どういう構成で行えばいいのだろうか?
そんなことを考えるきっかけを持ちました。

10通であれば簡単なことです。

1通目に自己紹介、エピソード
2通目に読み手が共感する内容。
3通目から6通目はノウハウ提供。
7通目は8通目のセールスに繋ぐための
1通全て使うフックを入れる。

8通目9通目でクロージングをして
10通目で締めのご挨拶。

これをベースにして構成すれば問題ありません。

しかし365通ともなると、複数の商品をセールスするでしょうし
全てのメールに連動性が必要になりますから、
10通×36通では成立がしないことが今回わかりました。

そこで、僕が考えた構成はこんな感じです。

1~5通目で自分の経歴やエピソードなどを
しっかり読んでもらって、人物像をイメージしてもらう。

ここからは商材数によりけりですが、
商材から商材の間は、QuestionとAnswerを繰り返して
コール・アンド・レスポンス的に進めて行きます。

もちろん、これは次に出てくる商材に関連する内容にして
本当に欲しい物を読み手にイメージしてもらう作業です。

商材の紹介をする前5通程度は、フックとして使います。
そして直前の1通目で明日のメールへの期待感を上げて
そこから10通程は徹底的に商材の宣伝とクロージングをします。

それが終わって次の1通目(その次の商品へ繋がる長い旅の1ページ目)が鍵になります。

ここで、いかにしてここまでのメールを区切りつつ
しかし受け継ぎながらその次のメールを読んでもらえるか?
ここを徹底すれば365通全て読んでもらうことができるはずです。

パターンは色々とありますが、
例えば「ここまでに得たもの」に対して「何が足りないか?」を
徐々に出していくことで、次の商品へ誘導することができると考えます。

100%満足していただけてしまうと
逆にそこで終わってしまうわけですから
80%の満足度をキープしてもらうことが必要になります。

それを意識すれば長期的なステップメールは成功します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事